シャンプーが原因で薄毛になる事もある

何気なくしている毎日のシャンプーが、実は薄毛の原因になっている事もよくある話です。

特にシャンプー方法に問題がある場合が非常に多いのですが、シャンプー自体が問題となっているケースもあります。

市販のシャンプーよりも、育毛効果のあるシャンプーを使用した方が髪の毛の成長に良いのは当たり前ですね!

ですから、抜け毛が多い方や薄毛が気にっている方は弱酸性のアミノ酸系シャンプーを使用する事をおすすめします。

今回は、間違ったシャンプー方法とはどのようなものなのかを解説していきたいと思いますので、今日からぜひ実践でお試しください。

シャンプーの方法1つで抜け毛や薄毛は改善される

最近抜け毛が増えてきたと言う方は、シャンプーの方法が間違っている可能性があります。

まずはじめにシャンプーは毎日する事なのですが、1日に何度もシャンプーをする事は良くありません。

なぜなら、頭皮には皮脂が分泌されていて、この皮脂が実は頭皮を守る役割を担っているからのです。

皮脂の過剰分泌は頭皮環境を悪化させて、抜け毛や薄毛の原因になる事は確かなのですが、実は皮脂もある程度は必要なのです。

皮脂は、紫外線やほこり、大気中の雑菌などから、頭皮を守ってくれているので、1日に何度もシャンプーをする人は、皮脂のバリアーが無い状態で外出している事になるのです。

つまり、紫外線や雑菌などで頭皮環境が悪くなっている可能性があると言う事です。

そうすると、髪の毛に悪い影響を与えるので、髪の毛が成長しなくなり、抜け毛が増えてしまったりするのです。

ですから、必要以上にシャンプーをするのは頭皮環境に悪影響なのでシャンプーは1日1回にしましょう。

外出前の朝シャンは特に注意が必要

上記で説明した通り皮脂は頭皮を守ってくれています。

皮脂は髪の毛や頭皮を保護してくれているので、髪の毛の成長には必要不可欠な存在と言えるでしょう。

先述したように、皮脂は紫外線や雑菌から頭皮や毛穴を守ってくれているのですが、その他にも頭皮に蓄えられた水分を外部に逃がさない為の役割もあり、保湿機能があるのです。

これらの機能は皮脂があるからこそ頭皮を守ってくれているのですが、シャンプーをする事によって一度リセットされてしまいます。

そしてシャンプー後皮脂が分泌されて保護膜が新たに形成されるのに最低でも2時間程の時間が必要になります。

つまり、朝シャンをしてすぐに出勤するという人の場合は、保護膜が無い状態で外出する事になるので、紫外線や大気中の雑菌から頭皮を守る事ができなくなってしまうのです。

また、風邪などでほこりなどが舞う為、頭皮に小さな傷をつけてしまう事にもなってしまうのです。

ですから、シャンプーはお仕事や学校から帰ってきた後で、外出予定の無い夜にする事をおすすめします。

朝シャンは確かに気持ちも良いですし、髪型のセットもしやすくなるので、毎日したい気持ちは分かるのですが、抜け毛が多い方や薄毛の方は特に注意をする必要があります。

しかし、どうしても朝シャンを辞められないと言う場合は、シャンプーの使用は止めて、シャワーでさっと髪の毛を濡らす程度なら大丈夫でしょう。

これなら、必要な皮脂も洗い流されないので、保護膜が残った状態で外出できるので安心です。

このように皮脂は大事な存在に変わりはないのですが、皮脂の過剰分泌は頭皮環境を乱してしまうので注意が必要です。

皮脂の過剰分泌は毛穴を詰まらせたりするので、髪の毛の成長を妨げて、髪の毛が痩せ細って抜け落ちてしまう事になります。

ですから、皮脂が過剰に分泌していると言う場合は毎日の食事を見直すようにしましょう。

正しいシャンプーのやり方

シャンプーは毎日行いますが、そのシャンプーの方法1つで薄毛になってしまう事もあります。

また、シャンプーの種類は、育毛効果があるものを使用する事をおすすします。

育毛効果があるシャンプーとは、「アミノ酸系の弱酸性」のものがおすすめです。

髪の毛の成長にはアミノ酸が必要不可欠なので、アミノ酸系のシャンプーを使用する事で、育毛効果を得る事ができるのです。

それでは、正しいシャンプーの方法を解説していきます。

正しいシャンプーの方法

髪の毛をほぐす

シャンプーをする前は軽くブラッシングなどをして髪の毛をほぐしておいてください。

ヘアワックス等の整髪料を使用している場合は、ブラッシング無しでも問題ありません。

これは、髪の毛に付着しているほこりなどを落とす為に行います。

予洗い

シャンプーをする前にますは予洗いをしましょう。

シャワーで軽くすすいでいきます。

整髪料を使用している場合は少しだけシャンプーを付けてしっかり目に予洗いしておきましょう。

シャンプーは頭皮に直接つけるのではなく、手のひらでしっかりと泡立ててから使用するようにしてください。

洗髪

予洗いが終わりましたら、泡立てたシャンプーで洗髪していきます。

まずはシャンプーを手に取りしっかりと泡立ててください。

泡立って来たら髪の毛に付けて優しく洗髪していきます。

この時の注意点としましては、決して爪を立てないという事です。

そして指の腹で頭皮全体を優しくマッサージするように洗っていきます。

すべての指を使用して、外側から内側へ押し上げるような感じでマッサージしていきます。

これは毛穴に詰まった汚れをかき出してくれるのでとても効果的な方法です。

ポイントはあくまでもやさしくゆっくりです。

力を入れてゴシゴシ洗う事は絶対にしないでください。

しっかりと洗い流す

洗髪が完了しましたら、次はしっかりと洗い流していきます。

シャンプーの洗い残しがあればフケが発生したり、痒みの原因になったりしますので、しっかりと洗い流すようにしてください。

洗い流す時のポイントも同じくマッサージです。

髪の毛のシャンプーは洗い流せていても、頭皮に残っている場合が非常に多いので、マッサージするようにしっかりと洗い流すようにしてください。

そしてコンディショナーやトリートメントを使用する際は、毛先だけに付けるようにしてください。

タオルドライとドライヤーと自然乾燥

洗髪が完了しましたらまずはタオルドライをしてください。

そしてある程度水気がなくなったらドライヤーで乾かしていきます。

ドライヤーはなるべく頭部から離して使用するようにしてください。

そして、完全に乾かすのではなくて少し水分が残るような感じにしてください。

あとは自然乾燥で乾かせば完了です。

正しいシャンプーのポイント

  1. 整髪料を使用している場合は2度洗いをしましょう・・・ヘアワックスやジェル、ヘアスプレーなどを使用している場合は、ブラッシングしないで、予洗い時にもシャンプーを使用して整髪料をしっかりと洗い流すようにしてください。そして、もう一度シャンプーで洗髪してください。つまり整髪料を使用している場合は2度洗いが効果的という事です。
  2. マッサージするように洗う・・・シャンプー時はやさしく指の腹を使用してマッサージするように洗髪しましょう。この時絶対に爪を立てないようにしてください。そして、外側から内側へ押し上げるような感じでゆっくりマッサージしましょう。
  3. シャンプーは1日1回・・・シャンプーは1日1回が基本です。皮脂が過剰に分泌して気持ち悪い、朝シャンはしないと気が済まないと言う人も、シャンプーは帰宅時の1回にしてください。上記でも説明しましたように、頭皮には紫外線や雑菌などから守る為にある程度皮脂が必要になります。ですから、朝シャンなどは避けてぬるま湯で軽く寝癖をほぐす程度にしてください。それから、皮脂が気になる方は毎日の食生活を見直すようにしてください。
  4. 洗い残しに注意・・・シャンプー後はしっかりと洗い流してください。少しでも洗い残しがあると、フケや痒みの原因になり結果的に抜け毛が増える事になってしまいます。ですから、洗い流す時もやさしくマッサージしながら、頭皮にシャンプーが残っていないか注意しながらすすぎましょう。
  5. 自然乾燥を意識する・・・洗髪後はタオルドライで水気を切って、軽くドライヤーで乾かしてください。そして9割程乾いたら後は自然乾燥で乾かすようにしてください。

>>育毛剤おすすめランキング!抜け毛や薄毛に悩む男性に最も選ばれている育毛剤はコレだ!