タバコが原因で抜け毛や薄毛は加速する!

タバコが薄毛の原因と言う事を、あなたは知っていますか?

タバコを取るか、髪の毛を取るか、あなたならどちらを選択しますか?

愛煙家の人にとっては究極の選択になるかもしれませんが、タバコは「百害あって一利なし」と言われていて、髪の毛だけに悪いのではなく、ありとあらゆる病気の原因になっています。

「タバコを吸うとハゲるのか?」

と言う疑問に対しての答は「タバコを吸うとハゲやすくなります」と言うのが結論です。

タバコは、私達の体に何1つ良い影響を与えません。

最近では、外出先での喫煙所も減ってきて、喫煙者が減少傾向にあります。

この波に乗ってあなたも是非禁煙してみてはいかがでしょうか?

今回は、タバコが髪の毛に対してどのような影響を及ぼしているのかを解説していきたいと思います。

タバコが及ぼす害

タバコは私達の体に害しか与えません!

病院などでよく見かけるピンク色の灰が真っ黒になっているポスターをご存知でしょうか?

小学校や中学校の保健室にも貼られていたので、知らないと言う方はほとんどいないと思いますが、あのポスターを見るとタバコがどれほど強力な有害物質なのかという事が良く分かりますね。

タバコは、肺がんなどの呼吸器系疾患を始めとしたさまざまな病気を引き起こす主な原因になります。

また、喫煙をする事で内臓系にも悪影響を与え、特に肝臓の機能が低下するなどの影響を及ぼしてしまいます。

肝臓は髪の毛の生成や成長に大きく関係している臓器なので、肝臓機能が低下するという事は、当然髪の毛にも影響が出るという事になるのです。

その影響が「抜毛」であったり「薄毛」なのです。

喫煙をする事によって有害物質を自ら体内に摂り入れている事になるのですが、どのような有害物質を摂り入れているのかご存知でしょうか?

タバコを吸う事によって、「ニコチン」「一酸化炭素」「シアン化水素」などの有害物質を自ら体内に摂り入れているのです。

そしてそれらの有害物質が体内に蓄積される事で、健康な身体が不健康な身体へと変化していくのです。

喫煙する事で蓄積される有害物質は、尿などと一緒に排泄されますが、その量は微々たるもので、ほとんどが体内に蓄積されたままです。

そして、それらの有害物質が原因で「ガン・循環器系の疾患・呼吸器系の疾患・潰瘍」などの病気を発症してしまう事になるのです。

このようにタバコは人間の体にとって害しかなく、当然髪の毛にも大きな悪影響を及ぼしているのです。

タバコは肝臓機能を低下させると言いましたが、肝臓が弱ると、頭皮や髪の毛に十分な栄養素を送り届ける事ができなくなってしまうのです。

すると髪の毛の成長が止まってしまい、毛周期が乱れるので遅かれ早かれ最終的には薄毛になってしまうのです。

タバコは血行不良の原因

抜け毛や薄毛の原因はざまざまですが、その中でも代表的な例も1つが「血行不良」です。

血行不良がなぜ抜け毛の原因になるのかと言いますと、髪の毛に必要な栄養素は血液が運んでくれるからです。

しかも、頭皮にある毛細血管を経て毛根や毛乳頭まで栄養素を運んでいるるので、血行不良を起こしていると、十分な栄養量が髪の毛に届かなくなってしまうのです。

髪の毛は栄養素が不足すると、細胞分裂を起こせなくなり、成長が止まってしまうのです。

しかも、新しい毛を生成する事も出来なくなってしまうので、古い毛が抜け落ちて、新しい毛が生えてこないと言う状況になってしまうのです。

これがタバコが影響して薄毛になるメカニズムなのです。

タバコに含まれるニコチンを体内へ取り込む事によって、自律神経が刺激され、血管を収縮させてしまいます。

血管が収縮されれば血圧が上がり、血液の流れが悪くなってしまうのです。

血液は髪の毛の成長に必要な栄養素や酸素を運んでくれるので、血液の流れが悪くなると体の隅々まで栄養素が届かなくなってしまいます。

すると、体の一番端っこにあたる頭部へ栄養が届かなくなってしまい、髪の毛の成長が低下してしまうのです。

肝臓が食事などで摂りこんだ栄養素を分解して、各器官へ送る働きをしているのですが、まずは人間が生きていく為に必要不可欠な臓器へと栄養を送ります。

つまり、人間が生きていくうえで髪の毛の必要性は低いので、後回しになってしまうのです。

そこに、血行不良が重なると、髪の毛には栄養素が届かなくなってしまうのです。

血行不良が髪の毛に良くないと言われている理由はこう言う事なのです。

髪の毛は毛根の最下部にある毛乳頭から栄養素を受け取り、毛母細胞が刺激されて細胞分裂を繰り返し行う事で、髪の毛が生成されたり、成長したりします。

ですから、頭皮や毛乳頭に十分な栄養量が届かないと、毛母細胞は細胞分裂を行う事ができなくなってしまうので、髪の毛の成長が止まってしまい最終的に毛が抜け落ちてしまう事になるのです。

しかも、新しい髪の毛の生成もされなくなるので徐々に薄毛が進行していくのです。

このように、タバコを吸う事で、あなたの大切な髪の毛が今日もどんどん減っているのです。

今すぐにでも禁煙を始める事をおすすめしますが、最終的にはあなたが決める事です。

要するに、冒頭でも言いましたが「髪の毛を取るかタバコを取るか」の究極の選択という事です。

今実際に髪の毛に手を触れてみてください。

自分の髪の毛にコシやハリはありますか?

もしコシやハリが無いと言うのであれば、栄養が十分に届いていない証拠です。

現在は薄毛でなくても時間の問題ですよ!

タバコを吸っていても育毛剤があるから大丈夫と思っている方も少なくはないようですが、育毛剤や育毛サプリで頭皮に栄養を与えても、タバコが全ての栄養素を破壊してしまうので意味がないのです。

育毛剤を使用しても効果が無い方は、タバコが栄養素を破壊しているからと認識しておいた方が良いでしょう。

タバコはビタミンを破壊する

髪の毛の成長(育毛)にはビタミンが必要不可欠です。

特に「ビタミンE」「ビタミンC」が重要で、ビタミンEは血管の拡張作用があるので血行促進に良いとされています。

それから、ビタミンCは髪の毛を強くするコラーゲンを合成する効果があったり、ビタミンEの吸収を良くする効果があります。

つまり髪の毛の成長にはビタミンE・Cは絶対に必要なビタミンと言う事なのです。

その他に、「ビタミンB2」「ビタミンB6」も重要で、ビタミンB2・B6は体の細胞の代謝を活性化させる働きがあり、毛母細胞の細胞分裂を活発化させてくれます。

髪の毛の生成や成長には毛母細胞が細胞分裂する事が必要となっています。

その他にもビタミンB2・B6は頭皮の皮脂の分泌量を調整してくれる働きもあります。

皮脂分泌を調整してくれることで、毛穴のつまりを改善する事ができ、髪の毛の育毛が促進されるのです。

ですから、ビタミンB2もB6も髪の毛にとって重要なビタミンと言う事なのです。

しかし、タバコを吸うとニコチンが大量に体内に入り込んできます。

ニコチンはビタミンCを破壊します。

つまり、ビタミンの吸収力を良くする効果のあるビタミンCが破壊される事で、他のビタミンの吸収率が低下してしまうのです・・・

ビタミンの吸収率が低下するという事は、髪の毛に必要なビタミンが十分に補給できなくなるという事です。

すると、言うまでもないですが、髪の毛の成長が低下しいずれは毛が抜け落ちて薄毛になります。

毎日の食事に気を遣ってどれだけ栄養バランスの良い食事を摂取してビタミンを摂り入れていたとしても、タバコ1本吸うだけで、全てが破壊されてしまうのです。

また、高価な育毛サプリなどの健康食品で、栄養素を摂取していても、タバコを吸うと全てが破壊されて無駄になってしまうのです。

育毛剤や育毛サプリを利用している方で「効果が無い」と言う方は、喫煙をしているからではないでしょうか?

タバコはそれだけ体内の栄養素を破壊する有害物質という事を覚えておきましょう。

タバコは悪玉コレステロールを増加させる

タバコはさまざまな病気を引き起こす原因になります。

タバコを吸う事で悪玉コレステロールが増加し、中性脂肪が増加して動脈硬化などのリスクが高まってしまう可能性があります。

悪玉コレステロールを減らすには「タウリン」と言う成分が必要で、タウリンは体内で生成されている成分なのですが、タウリンの生成には「メチオニン」と言うアミノ酸が必須になってきます。

このメチオニンは髪の毛の主要成分である、「ケラチン」と言うたんぱく質の結合に必要なアミノ酸で、髪の毛の生成には必要不可欠なアミノ酸なのです。

このメチオニンが不足してしまうと、ケラチンが合成されなくなり、髪の毛が生成されなくなってしまいます。

しかし、タバコを吸う事によって、悪玉コレステロールが増え、悪玉コレステロールを減らす為にタウリンが必要になるので、メチオニンが必要になります。

すると、髪の毛に必要なメチオニンが不足してしまい、抜け毛が増えて、薄毛になってしまうのです。

その他に、タバコは悪玉コレステロールを酸化コレステロールに変化させる作用もあり、酸化コレステロールは血管の内側に付着して血行不良を引き起こしてしまうのです。

そして最悪の場合動脈硬化なども発症してしまう事もあります。

何度も言っていますが、血行不良は薄毛や抜け毛の原因です。

本当に髪の毛の事を思うのなら、タバコを辞めるべきなのではないでしょうか。

急な禁煙も要注意

喫煙は、上記で説明したように髪の毛にとって良くない事を分かって頂けたと思います。

もちろん髪の毛に限った事ではないのですが、タバコは私達人間の体にとって有害しかありません。

この記事を読んでタバコを辞めようと真剣に考えてくれる方も少なからず居るとは思うのですが、禁煙を始めるのに少しだけ注意が必要なので説明いたします。

禁煙を始める事はとても良い事で、引き止める理由はどこにもありません。

ただし、急な禁煙はかえってストレスを与えてしまい、抜け毛を促進させてしまう事もあります。

毎日のように吸っていたタバコが突然吸えなくなると、イライラが溜まり、ストレスを感じ始める人も居ると思います。

ストレスも髪の毛に良くない事は別記事でも紹介したとおりなのですが、ストレスが原因で血行不良を起こしたり、抜け毛を促進させてしまう事もあります。

ですから、禁煙をする際はなるべく禁煙外来などを利用して、無理なく禁煙を始める事をおすすめします。

自分の力だけで禁煙をしようとすると、ほとんどの場合失敗に終わると言うケースが多くみられます。

それだとせっかく禁煙を決意したのに、失敗に終わってしまうのでまたまた髪の毛に悪い生活に逆戻りです。

ですから、禁煙を始める際は、なるべく禁煙外来などを活用するようにしましょう。