育毛剤「医薬品・医薬部外品・化粧品」の3つの分類の違いについて

育毛剤は大きく分けると3つの種類に分類されます。

  1. 医薬品
  2. 医薬部外品
  3. 化粧品

今お使いの育毛剤があるのでしたら、どの分類に当てはまるか確認してみてください。

また、これから育毛剤の購入を検討しているという方は、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどの分類にあたる育毛剤を購入するべきなのか、以下を参考にしてみてください。

これら3つの分類は「薬事法」に基づいた分類で、それぞれにメリットやデメリットがあります。

ですから、あなたが育毛剤に求める効果はどの分類に当てはまるのかをしっかりと確認してから育毛剤を購入するようにしてください。

育毛剤の分類別について

それでは、育毛剤を分類別にみていきましょう。

医薬品の育毛剤

医薬品と表記がある育毛剤は、字のままなのですが「医療成分」が配合されており、いわゆる「薬」と言う事になります。

医薬品の育毛剤は、医療成分が配合された薬になりますので、医薬品の育毛剤を購入する際は医師に処方してもらうか、薬剤師の居る薬局で購入するしか原則手に入れる方法がありません。

ただし、例外として一部の商品に関しましては、登録販売者から直接購入することも可能となっております。

日本では「リアップ」が該当しますね。

医薬品の育毛剤の特徴としましては、高い育毛効果に期待できるという点です。

なぜなら、治療を目的とした医療成分を配合している薬になりますので、効果が保証されていると言う事なのです。

ただし、その分料金はどうしても高額になってしまいますし、万人に適しているとも限らないのです。

また、医薬品の育毛剤の場合は、医師の診察を受けて処方してもらう事がほとんどなので、手に入れるのに少々面倒なことは間違いないでしょう。

それから、先ほど万人に適しているとも限らないと言う風に言いましたが、医薬品の育毛剤には「副作用」も確認されているからです。

全ての医薬品の育毛剤に配合されているとは限りませんが、医薬品の育毛剤の有効成分として育毛効果の高い「ミノキシジル」が配合されている場合があります。

このミノキシジルは育毛効果が高い事でも有名で、医薬品の育毛剤の有効成分としては代表格となっているのです。

ミノキシジルは、もともと高血圧症の治療薬として開発されましたが、その副作用として「多毛症」が見られた為育毛剤の成分として利用されるようになりました。

つまり、このミノキシジルは血管を拡張させる機能があり、血流を促進させる効果があるので、育毛に良いと言われているのです。

ただし、もともとは高血圧症の治療薬と言うだけあって、血圧を下げる効果もありますので、低血圧症の人はミノキシジル配合の育毛剤は使用することができません。

何も知らずに低血圧症の人が、医薬品のミノキシジル配合の育毛剤を使用してしまった場合は、「めまい・頭痛・吐き気・食欲不振・冷え」などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。

また、心臓にも負担をかけてしまい「動悸息切れ」「不整脈」などを引き起こしてしまう可能性が高くなるので、低血圧症の人はミノキシジル配合の医薬品の育毛剤は使用しないでください。

医薬品の育毛剤は効果が高い分、副作用の心配もありますので、購入する際は必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。

医薬部外品の育毛剤

育毛剤の中でも最も多くの人が利用しているのが「医薬部外品の育毛剤」になります。

ちなみにですが、医薬部外品とは日本独自の分類で、国外では存在しない分類になります。

医薬品の育毛剤と比較すると、若干効果は劣ってしまいますが、「副作用のリスクが無い」ので安心して育毛ケアをしていただけます。

もちろん、育毛剤と言う名前だけあって、しっかりと育毛効果のある成分が配合されていますので、実際に医薬部外品の育毛剤で抜け毛の悩みを解消したり、薄毛が改善したと言う人もたくさん居ます。

ただし、医薬品のように効果が保証されている訳ではございませんので、体質や毛質によっては育毛効果を実感することができない場合も当然あります。

医薬部外品の育毛剤には、医療成分が配合されていませんので治療と言う事ではなく、予防や対策、または改善目的と言うかたちになります。

それから、医療成分が配合された医薬品の育毛剤とは違い、誰でも気軽に手に入れる事が可能となっております。

近所にあるドラッグストアーや通販などを利用して手に入れる事ができ、比較的料金も安くなっておりますので、誰でも手軽に育毛ケアをはじめる事ができるのです。

また、医薬部外品の育毛剤であっても、医薬品と同等レベルの効果を発揮する育毛剤もありますので、副作用なしで育毛効果を得る事ができると言うのは、医薬部外品の最大のメリットなのではないでしょうか。

さらに、医薬部外品の育毛剤は、通販限定の育毛剤などがあり、キャンペーンなどを行っている時に購入すると、定価より安く購入で着たりもするので、少しでも安く育毛ケアをしたいと言う人には医薬部外品の育毛剤がおすすめです。

しかも、通販限定の医薬部外品の育毛剤に限り「全額返金保障」が付いている場合がありますので、ノーリスクで試す事ができるのも魅力ですね。

通販で育毛剤を購入して、万が一効果がなかっても保証期間内であれば使用後の商品であっても全額返金してもらえるのです。

これが通販で育毛剤を購入する人が多い理由の一つでもあります。

化粧品の育毛剤

化粧品タイプの育毛剤は、あくまでも気休め程度に使用する育毛剤になります。

種類はそれほど多くはないのですが、一部人気が非常に高く利用者が多い育毛剤もあります。

ただし、化粧品の育毛剤の場合は、「育毛効果が高い成分が配合されているのではなく、頭皮環境を整える成分が会い号されている」ので、髪の毛のコシやハリが改善すると言う効果には期待しにくいでしょう。

つまり、頭皮を清潔にすることを目的としていて、育毛ケアをしやすい環境づくりをしてくれる育毛剤と言う事です。

あくまでも育毛ケアの補助的な役割として利用している人が多いですね。

その他に薄毛予防や対策の為に化粧品の育毛剤を使用している人も多くなっております。

化粧品タイプの育毛剤も、医薬部外品の育毛剤と同様にドラッグストアなどで手軽に手に入る商品となります。

以上が育毛剤の3つの分類の説明になります。それぞれに特徴がありメリットやデメリットもありますが、最も安全で効果に期待できる育毛剤は、やはり医薬部外品の育毛剤なのではないでしょうか。いずれにしても、それぞれの特徴を把握したうえで、自分に合った育毛剤を選ぶ事が、今後の髪の毛事情に大きく影響してくるのではないでしょうか。

結局育毛剤はどの分類を選べば良いの?

上記の説明を読んでみても、結局育毛剤はどの分類を選べば良いのか分からないと言う人も多いと思います。

とりあえず、上記の3つの分類の特徴を表にまとめて比較してみましょう!

分類 効果 メリット デメリット
医薬品 育毛効果が非常に高い。 効果が保証されている。 入手する際に医師の診断が必要になることや、副作用のリスクが高い。
医薬部外品 万人ではないが育毛効果が高い。 比較的安く誰でも手軽に入手できる事と、返金保障があるのでノーリスクで使用できる。副作用の心配もありません。 効果が保証されていないので、効果を実感できない場合もある。
化粧品 育毛効果はほとんどない。 値段が安く気軽に買える事や副作用の心配がない。 育毛効果がほとんどないので気休め程度。その他育毛商品との併用が必要な場合もある。

上記がそれぞれの育毛剤の特徴をまとめた表になります。

この内容をそれぞれ確認すると、医薬品は育毛効果が保証されてはいるが副作用の心配があると言う事が分かりますね。

医薬部外品の場合は、万人に効果があるとは保証されている訳ではないが、人によっては効果があると言う事が分かります。

それに、副作用の心配もなく、全額返金保障などが用意されているので万が一効果がなかったとしても、ノーリスクで育毛剤を試す事ができます。

もう一つの、化粧品の育毛剤の場合は効果がないので、除外しても良いでしょう。

となると、医薬品の育毛剤か医薬部外品の育毛剤のどちらかを選択するかたちになってくると思います。

確実に効果が保証されていると言われている医薬品にするか、効果があるかどうか分からないけれど副作用の心配がなくノーリスクで試せる医薬部外品を購入するか・・・

究極の選択だと思いますが、正直言いますと、初めは医薬部外品の育毛剤で良いと思います。

なぜなら、医薬部外品の育毛剤であってもしっかりと効果を実感して薄毛を改善している人も居ると言う事実があるからです。

それなら試す価値は大いにありますよね!

もし効果がなかっても全額返金保障を利用して、お金を返金して貰えばよいのですから。

しかし、初めから医薬品の育毛剤を購入して、万が一副作用で髪の毛が全部なくなってしまったことを想像してみるとどうでしょう?

取り返しがつきませんよね!

それに返金保障も無いのです・・・

お金どころか髪の毛も戻ってきません・・・

そうなる事は非常に考えにくいですが、万が一の事を考えると、やはり副作用の心配もなく、比較的安い値段で手に入って、効果がなければ全額返金して貰える医薬部外品の育毛剤から試した方が良いのではないでしょうか?

いずれにしても最終的にはあなたの髪の毛のことなので、3つの分類の特徴を比較して、あなたが「これだ!」と思う育毛剤を購入するようにしてください。